BLEACHの市丸ギンがあまりにもあまりな能力を発揮したのでコレはネタにされるだろうなーと思ったらネタにされまくってた。

ちょっと市丸ギン関係のコピペ張って行ってください:ハムスター速報
http://hamusoku.com/archives/3043620.html

斬魄刀100本分伸びるだけの始解に絶望してからもう何十年を数える。

ずっとずっと卍解の修行をしてきた。
辛くても寂しくても修行してきた。
ロリ巨乳…ちゃう、乱菊と離れることになっても修行した。
真央霊術院に入学しても修行した。
天才と呼ばれても修行した。
一年で真央霊術院を卒業しても修行した。
キモいメガ…ちゃう、藍染隊長に勧誘されて劇団藍染…ちゃう、護廷十三隊の五番隊に入隊してからも修行した。
鐵☆拳☆断☆風はんを失笑…ちゃう、六車はん達で実験しながらも修行した。

その結果、待っとったんは13km伸びるだけの卍解やった。
あんまりや、あんまりや。

藍染「卍解は神殺槍とありますが?」
ギン「はい。神殺槍です。」
藍染「神殺槍とはどんな能力ですか?」
ギン「伸びます。」
藍染「え、伸びる?」
ギン「はい。伸びます。 13kmまで一瞬で伸びます。」
藍染「・・・で、13km伸びるのは私の下で働くうえで何のメリットがあるとお考えですか?」
ギン「はい。一瞬で13km移動もできます。」
藍染「いや、死神には瞬歩があります。あなたもできますよね。」
ギン「でも、一瞬で逃げれますよ。」
藍染「いや、逃げるとかそういう問題じゃなくてですね・・・」
ギン「始解は100本分なんですよ。」
藍染「ふざけないでください。それに100本分って何ですか。だいたい・・・」
ギン「斬魄刀100本分です。百本返しともいいます。」
藍染「聞いてません。帰って下さい。」
ギン「あれあれ?怒らせていいんですか?使いますよ。神殺槍。」
藍染「いいですよ。使って下さい。神殺槍とやらを。それで満足したら帰って下さい。」
ギン「射殺せ神槍。」
藍染「幻覚だ。」

オサレポイントシステムを実装した師匠ならきっとなんとかしてくれると信じて……!

こちらの記事もどうぞ