「あまり寝なくても平気」という油断は禁物です。睡眠不足は自覚症状なしに私たちの体をむしばむのです。
 私たちは1日にどれくらい眠れば十分なのでしょうか。眠気を感じなければ、睡眠は足りているの?睡眠時間が少なくても不調を感じなければ、健康上は問題ないの?

 こうした問いに対して、最新の研究結果がいくつかの興味深い答えを出しています。

 平均的な大人が十分に休息を取り、最良の状態で機能するために必要な睡眠時間は、1日に7~9時間。

 睡眠不足がいかに大きな弊害をもたらすか、私たちはあまり敏感に感じ取れないらしい。ペンシルベニア大学の研究チームの実験では、2週間にわたって被験者の睡眠を1日6時間未満に制限しました。ところが被験者たちは、以前に比べてそれほど強い眠気を感じることはなく、自分が比較的正常に活動できていると思っていました。
 ですが、これはあくまでも自己判断でしかありません。きちんとしたテストの結果を見ると、2週間の調査期間中、被験者の認知能力と反応速度はどんどん落ちていっていました。調査期間の最後には、48時間起き続けている人と同程度までテストの成績が低下してしまいました。

 弊害はこれだけにとどまらないようで、睡眠が不足すると、ある種のホルモンの分泌状況が変調を来し。その結果、食欲が高まり、食後の満腹感を感じづらくなり、糖分の摂取に対する体の反応が変わるようです。要するに、肥満と糖尿病のリスクが高まるのです。

 レッドラインらの研究によると、睡眠時間が短い子供ほど、肥満になる確率が高いようです。1日に8時間以上寝ている子供に比べると、睡眠時間が6~7時間の子供は肥満になる確率が2.5倍以上に達しました。睡眠時間が短いほど肥満のリスクが高まる傾向がはっきり見て取ることができたのです。

何度も言われていることですがやはり睡眠は大切なのですね・・・。最近は勉強・読書など就寝時間が遅くなってしまいがちなのですができるだけ早く寝る事ができるように気をつけようと思います。この記事を書いてる今がもうすでに午前一時・・・。体に悪いですね。おやすみなさい。

でわでわ。以上kagaminがお送りいたしました♪

こちらの記事もどうぞ