いまでは、町で多く見かけるようになったiPhoneユーザー。皆さんの周りにも、持っている人は多いと思います。そんなiPhoneユーザーは、主に7つのタイプに分類されるそうです。

アップル大好きタイプ

俗に言う「アップル信者」。生活の全てがアップル製品で埋め尽くされているタイプ。新製品は必ず買い、アップル製品の悪口は絶対に言わない。そしてiPhoneで発生した問題は全て携帯会社のせいにする。

ミーハー、でも使いこなせないタイプ

アップル大好きタイプとは真逆のタイプ。流行に乗って買っては見たものの、どう使うかよくわからない、と言うか興味もない。そして、できれば普通の携帯電話に戻れればと思っている。

ヘビーユーザータイプ

アップル大好きタイプとは違ってiPhoneにだけのめりこむタイプ。常にiPhoneを眺めており、アプリもかなりの数ダウンロードしている。iPhoneに関する知識もかなりのもの。私はこのタイプですね。

iPodとして使うタイプ

別のスマートフォンを所持している人に多いタイプ。ほとんどはそれで事足りているので、iPhoneは音楽を聴く程度にしか使わない。

ハッカータイプ

iPhoneを手にしたその日から、iPhoneによるハッキングや規定外使用を始め、iPhoneで車のエンジンをかけたり、近所のテレビのチャンネルを勝手に代えたりする。通話はできるだけSkypeやWiFiなどを使って無料で済ませる。

シニアユーザータイプ

お年寄りがiPhoneをもっているタイプ。特に必要性はないが、持っている。使いこなす以前に、電話機能以外に使うことはまずない。

クレーマータイプ

常にiPhoneの不満を持ち、次は必ず別のスマートフォンを買うと豪語するが、またiPhoneを買ってしまう(ツンデレ乙)。使いこなせていないシニアユーザーに対して苛立つのも特徴。

あなたは7つのうちどのタイプでしょうか?

■ソース:http://www.yukawanet.com/archives/3520871.html

こちらの記事もどうぞ