本日28日、講談社は東日本大震災の前後に発売された「ヤングマガジン」「週刊少年マガジン」など、マンガ誌6誌9冊を
4月1日からネット上で無料公開すると発表しました。
震災によって地域によっては配達が遅れたり、届けられないことを考慮しての異例の措置です。

講談社のマンガサイト「講談社コミックプラス」のPC向け特設サイトで公開する予定で、閲覧には無料でインストールできる専用のビューアーアプリが必要とのこと。
4月30日までの公開を予定しているそうです。

公開される雑誌は以下の通り。

「ヤングマガジン」15号(3月14日発売)、16号(3月19日発売)
「週刊少年マガジン」16号(3月16日発売)、17号(3月23日発売)
「週刊モーニング」15号(3月10日発売)、16号(3月17日発売)
「イブニング」8号(3月22日発売)
「Kiss」6号(3月10日発売)
「BE LOVE」7号(3月15日発売)

また、集英社でも「週刊少年ジャンプ」15号(3月14日発売)のネット上での無料掲載を行っています。
ヤフージャパンの特設サイトで公開しており、こちらも無料インストールできる専用のビューアーアプリが必要です。
15号に掲載されている全21作品を全て公開しています。
4月27日までの公開で、16号以降については「状況を見て検討する」とのこと。

ではでは、ともぞーでした。

こちらの記事もどうぞ