本日、5月5日はこどもの日!
みなさん、こいのぼりを飾ったり、柏餅を食べたりしましたか?

今回は「こどもの日」の意外と知らない由来、歴史を調べてみました。

こどもの日とは?
本来、5月5日は「端午の節句」といって男の子の健全な成長を祝う日でしたが、
1948年に定められた国民の祝日法によって「こどもの人格を重んじこどもの幸福をはかるとともに母に感謝する日」、「こどもの日」として広く親しまれるようになりました。
なので「こどもの日」と言いつつも、男の子のいる家では兜を飾ったりと、どちらかと言うと男の子をメインとした風習が色濃く残ってます。

端午の節句とは?
もとは月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味で、5月に限ったものではありませんでした。
しかし、午(ご)と五(ご)の音が同じなので、毎月5日を指すようになり、やがて5月5日のことになったと伝えられています。
この日を端午とする風習は、紀元前3世紀の中国・楚で始まったとされていて、現代の日本で端午の節句にちまきを食べたり、菖蒲や蓬を軒に吊るし、菖蒲湯に入る風習はここから伝わったようです。

端午はもともと女性の節句だった?
日本においては、男性が戸外に出払い、女性だけが家の中に閉じこもって、田植えの前に穢れを祓い身を清める儀式を行う「五月忌み(さつきいみ)」という風習があり、これが中国から伝わった端午と結び付けられていました。
つまり、端午は元々女性の節句だったんです。
しかし、鎌倉時代の頃から「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであること、菖蒲の葉が剣を形を連想させることなどから、端午は男の子の節句とされ、男の子の成長を祝い健康を祈るようになりました。

端午の節句の祝い方
内飾りとして部屋に「五月人形 (鎧兜、 武者人形)」、外飾りとして外に「こいのぼり」を飾ります。
これは、身を守る「鎧」や「兜」を飾り、「こいのぼり」を立てて男子の成長や立身出世を願ってお祝いをするためです。
こいのぼりを飾るのは、登竜という激流(登竜門)を鯉が登ったという中国の伝説から、出世と健やかな成長を願う親の気持ちが託されているからだそうな。

菖蒲には魔除けの力があるとされていたため、菖蒲を軒先に飾り菖蒲湯に入る、という風習もあったようです。

ちまきや柏餅を食べる習慣もあり、ちまきは上記のように中国から端午とセットで伝わってきたもので、「難を避ける」という意味があるそうです。これは中国の故事からきています。
一方柏餅は日本特有の習慣で、柏の葉は新芽が出ないと古い葉が落ちないという特徴があるので、これを「子供が産まれるまで親は死なない」=「家系が途絶えない」という縁起に結びつけ、「柏の葉」=「子孫繁栄」という意味合いで食べるようです。

意外と奥の深いこどもの日。
来年からはちゃんと祝ってみよう、という気持ちになったりしたでしょうか?

ではでは、ともぞーでした。