業務用通信カラオケのJOYSOUNDは13日、カラオケユーザーを発狂させる『難しすぎて歌えない曲』を発表しました。

堂々の1位は、人気ボーカロイド、初音ミクが歌う“最高速の別れの歌”「初音ミクの消失」が選ばれました。

僕もこの曲をカラオケで歌ったことが何回かあるのですが、しっかりと発音して全部歌うのは、人間には無理(笑)

未知の言語を使って良いなら歌えます。

カラオケの採点で、87点をとりました。

 

だがやはり、常人離れしたスピードに誰もが圧倒されているようです。

2位は、RADWIMPSの「おしゃかしゃま」。「リズムが難しいし息が続かない。そして、息継ぎのタイミングが分からない」(16歳/女性)など、“早口×息が続かない×リズムが取りづらい”の三拍子がそろった難曲のようです。RADWIMPSは、5位にも「セツナレンサ」でランクインしています。

おしゃかしゃまは・・・歌えないですねぇ・・・><
3位は、L’Arc~en~Ciel「瞳の住人」。サビの部分の高音に苦しむ人が多く、「素人が出せるファルセットの限界を越えています」(30歳/男性)という声も。

ものまねの、青木隆治さんなら歌えそう!

4位は、放課後ティータイム「GO! GO! MANIAC」。早回しと勘違いしてしまうほど高速回転する歌詞に苦しむ人が多いようで、同社では、「テンポをグッと落として歌うという裏技もアリかもしれないです」とコメントしている。

GO!GO!MANIACは歌えます!

がんばれば歌えるので練習しましょう♪

“難しすぎて歌えない“と言われるほど、攻略意欲をかき立てられるものですよね。

 

ボーカロイドの曲は、難しい曲がすごい多いです。

人間が歌えないからボーカロイドが歌ってるんじゃ・・・とか少し思ってしまいます(笑)

なんにせよ、「歌」っていいですね!!

 

ではではっ♪