溝端淳平さん主演の『名探偵コナン』の実写版ドラマが7月7日、七夕スタートの新ドラマ『名探偵コナン 工藤新一への挑戦状』として連ドラ化されることが決まりました。過去には3度実写化されていましたが、連ドラ化は連載17年目にして初となります。

溝端さんは、「原作ファンも多い作品なので、工藤新一=溝端淳平って思われるようになりきって自分のものにしたい」と“溝端版・新一”に並々ならぬ決意をあらわにしています。

この作品は、新一が薬を飲まされ江戸川コナンが誕生する3ヶ月前を舞台にしています。

「高校生探偵 工藤新一」を主人公とし、小学生では踏み込めなかった男女間のもつれや不倫、嫉妬の愛憎劇に斬り込んだ「大人のミステリー」を1話完結で展開します。

俺の知ってるコナンじゃない・・・!!

でも、それはそれでイイ♪


ヒロインの毛利蘭役には忽那汐里さんが続投。彼女も「連続ドラマでも蘭を演じるプレッシャーはありますが、精一杯がんばります」と気合十分です。また原作でもお馴染みの、新一の好敵手「服部平次」が今回の連ドラでは新たに登場し同作を盛り上げます。

平次役は一体・・・!?

平次かっこいいですよね!もうあの声がたまりませんっ♪

ってドラマでは聞けませんね。

一体どなたが演じるのか、楽しみです。

そのほかの主 要キャストには毛利小五郎役に陣内孝則さん、妃英理役に大塚寧々さん、鈴木園子役にAKB48・秋元才加さんが続投します。

 

初回放送は、7月7日(木) 午後11時58分から 読売テレビ・日本テレビ系です。

ぜひごらんください!

こちらの記事もどうぞ