気象庁によると、猛烈な台風2号は、フィリピンの東の海上にあって北西に進んでいる。28日から29日にかけて沖縄地方に接近する恐れがあり、コースによっては九州や本州にも近づく可能性もある。

 台風2号は26日午後9時現在、フィリピン東海上を時速約15キロで北西に進んでいる。中心の気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートルで中心から半径130キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。28日には先島諸島の南海上に達し、28日から29日にかけて沖縄地方に接近する見込み。

 先島諸島では28日朝から昼前には強風域、28日午後には暴風域に、沖縄本島地方も28日午後には強風域に入る恐れがある。また、28日から29日にかけては、台風を取り巻く雨雲が沖縄地方にかかり、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降りそうで、気象庁では高波や暴風に警戒を呼びかけている。(毎日新聞)

↑ yahoo天気図。26日18時現在。現在はこちら

【全国の週間天気予報】

中国・四国・近畿地方で平年より10~12日早い梅雨入り 台風2号、強さ「猛烈」に フジテレビ系(FNN)

以下、気象庁にリンク。現在の情報は、こちらをご覧下さい。 

台風情報 | 台風に関する気象情報(全般台風情報)

警報・注意報(全国)  警報・注意報(大阪府)

千里高校 臨時・緊急連絡 過去に台風が接近した際の対応もあり

以上、ヌンググンでした。