本日6月8日、ヤマハ株式会社から新バージョンのボーカロイド「VOCALOID3」が、2011年9月末に発売予定であることが発表されました。

「VOCALOID3」では、これまで一体で提供されていた、楽曲製作(主に入力などのインターフェース)と歌声ライブラリ(歌手の声)を、分離して提供されるとのこと。

【「VOCALOID3」の特徴】
・合成アルゴリズムの改良と、合成音の品質向上により、さらにリアルな歌唱合成が可能に。
・新しいインターフェース「VOCALOID3 Edhitor」
・歌声ライブラリと楽曲製作ソフトウェアを分離して販売
・多言語対応(日・英・中・韓・スペイン語)
・ライセンス契約を結んだ法人・個人に対して合成API,プラグイン仕様の公開
・「VST Host」機能でリバーヴなどのエフェクトをかけることができる
・これまでの「初音ミク」や「がくっぽいど」などの一部の「VOCALOID2」の歌声ライブラリは、「V2 Library Import Tool」を使いインポートしての使用が可能

「VOCALOID3 Editor」の対応OSはWindowsXP,Vista,7とのこと。

さらに詳細は公式サイトにて

——————————————————————————————————

歌声を入れ替えて使える、といえばよく似たソフトに「UTAU」がありますが、これからどのように歌唱合成分野が発展していくか、楽しみな発表ですね!
新情報が入りましたら追って更新したいと思います。

*UTAU:飴屋/菖蒲氏によって公開されているフリー/カンパの歌声合成ソフトウェア。歌唱合成の仕方はVOCALOIDとは異なる。有志ユーザによる音声ライブラリが多く配布されている。