ケチャップと言えば、トマトベースのトマトケチャップが一般的ですが、フィリピンにはバナナケチャップなるものがあるそうです。

こちらがそのバナナケチャップです。色が赤いのは着色料です。
現地では高価なトマトケチャップの代わりとして使われていて、1本320グラムが18フィリピンペソ(約30円で)売られているそうです。
味はトマトケチャップより酸味が弱く、甘みが強いようですが、基本的に変わりはないようです。
地元では、様々な料理につかわれていて、ファーストフード店やレストランでも重宝されているようです。

日本でも、輸入食品店などで扱われているので、一度試してみてはいかがでしょうか?

■ソース:http://www.excite.co.jp/News/bit/E1316596210499.html

こちらの記事もどうぞ