今日、プロ野球日本シリーズ第7戦にソフトバンクホークスが勝利し、見事日本一に輝きました。



日本シリーズ第7戦、ソフトバンク3勝、中日3勝で迎えました。
先に4勝したほうが勝ちというルールなので、この試合が最後の大一番です。



先発は、ソフトバンク:杉内投手 中日:山井投手です。
試合が動いたのは3回裏、ソフトバンクの攻撃です。
ノーアウト満塁から川崎選手への押し出しフォアボールで、先制点を挙げました。
その後、ソフトバンクは2点を加え、3対0としました。


そして、中日は点を取れないまま9回表。これを抑えればソフトバンクの優勝というところで中日:井端選手のピッチャー強襲の内野安打で出塁。
打球を受けたソフトバンク:ファルケンボーグ投手が降板。

しかし、そのあとを投げたソフトバンク:森福投手が後続の二人を抑え、最後の一人、和田選手のところでピッチャー交代、摂津投手がマウンドに上がります。

そして、中日:和田選手を三振に抑え、見事日本一に輝きました。



ソフトバンク8年ぶりの日本一おめでとうございます!!

参考:http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/nippon_series/?1321794445

こちらの記事もどうぞ