昨年12月30日、ヒカルは【おみくじ考察―せっかくならば凶をとろう―】という記事を書きました。

今回は初詣でのおみくじの結果と、ヒカルの身に何が起こったのかについて話します。



1月1日 午前0時 なぜか一人ぼっちでの年越し。
午後2時 なんかめっちゃ強い頭痛やってきた。
午後5時 ちょっと寝ることに。
午後7時 頭痛が治らない。熱を測ると38度オーバー

なんという年明けであるか。正月早々熱を出すなんて人生初だぞ。

1月2日 なんとか熱、頭痛がおさまるも食欲が…

1月3日 やっと回復したので初詣へ、京都のある神社でおみくじを引く。前回で書いた通り、ここで凶を引けばこれ以上不幸になるとはない。大吉を引けばもっと… 
いや、大丈夫だ。絶対…



大吉だ

合理的な説明はともかくこれはまさしく大吉だ。


大丈夫。大吉というのは幸せのシンボルであり、幸運を象徴するものって誰かが言ってた。

1月4日 人生初の金縛りにあう。
大丈夫。金縛りは疲れからくるって誰かが言ってた。

1月5日 インターネットに繋がらなくなる。
これはヤバい。ガチでヤバい。

1月6日 ヒカル家の近くの家が火事にあう。
これは冗談抜きにヤバい。そしてこれはヒカルのせいか?


もうどうなっているのかわけがわからない!やっぱり前回のあれは間違ってなかったのか。
このままいくと本当に12月22日に世界が崩壊する勢いである。


何はともあれ早急におみくじを引き、何としてでも凶を引く必要がある。
しかし、冬休みの宿題もある。

その事実に目をつぶってはならぬ。
私は断固として目をつぶらぬ所存である。
でも、いささか、見るに堪えない。

四畳半神話大系 冒頭部分

こちらの記事もどうぞ