失明すると二度と元に戻らない、目の網膜の病気に悩む人に朗報です。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120125-OYT1T00023.htm

ES細胞使い視力回復に成功

米バイオ企業のアドバンスド・セル・テクノロジー社は23日、あらゆる細胞に変化できるES細胞(胚性幹細胞)から作った網膜細胞を、ものがほとんど見えない患者2人に移植して視力を回復させることに成功したと発表した。(後略)

これは・・・凄いですね。 ES細胞から作った網膜色素上皮細胞5万個を、片側の目に移植しんだそうですね。どんな技術を使ったのでしょうか・・・。

手術後、臨床試験を受けた2人の患者は文字が見えるぐらいにまで視力が改善されたんだそうです。

しかし使うのはES細胞・・・つまり受精卵を使って治療することになるので、実用化は難しいのではないかと。

あと、こちらがそのプレスリリースです。

http://newsroom.ucla.edu/portal/ucla/first-study-to-human-embryonic-223058.aspx

アドバンスト・セル・テクノロジー社と米カリフォルニア大ロサンゼルス校の研究チームの合同で行ったようですね。

何というか、日本にも臨床試験受けてでも治したい人もいるだろうから日本でも行えばいいのに、と思いました。

以上、ヌンググンでした。

こちらの記事もどうぞ