どーも、T.Kです。

いやー、ついにラストですよ。最終回ですよ。

というわけで前回の【入場門設置編】の続きです。

そして、毎度のごとくダイジェストでお送りします。

屋根をもぎ取るクラスメイト。

柱から落とされ降ろされ、クラスメイトの足元で無残に横たわる入場門の屋根部分。

その後、雨中にもかかわらずばらばらに解体される入場門。

骨組みがむき出しになり、もはや面影すら残っていない入場門。

この後、コイツがどこへ消えたか誰も知らない・・・・・・。

と、いうわけで終了です。いろんな意味で。

長かったですね、ここまで。

いろいろ苦労はありましたが、楽しかったです。

ここまでこの記事を読んでくれた方、文化祭へ来てくださった方、本当にありがとうございました!

この記事が、次回の文化祭時に活かせていただければ幸いです。

〈おまけ〉

なんとか入場門の下を車が通れて歓喜する一年二組の面々。

今思えば、これが一番問題だったんですよねー。

 

こちらの記事もどうぞ