<米グーグル>検索予測差し止め命令…東京地裁仮処分

大手検索サイト「グーグル」に実名などの文字を入力して検索する際、途中から予測文字や補足情報を表示する「サジェスト機能」を巡り、日本人男性がプライバシーを侵害されたとして、米国のグーグル本社に表示差し止めを求める仮処分を申請し、東京地裁(作田寛之裁判官)が申請を認める決定をしたことが分かった。だが、米グーグルは「日本の法律で規制されない」と拒否し、被害が救済されない事態となっている。決定は19日付。【中川聡子】

はい。近頃のわが国は、行政機関のトップである総理大臣や国会だけでなく、司法機関までも色々と倒錯しているようです。(警察も倒錯してますな。まあトップが「あれ」では…。)

インターネットにおける規制などは、基本的にサーバーがある国の法律に縛られることになります。グーグルのサーバーはアメリカにあるので、日本の法律の規制は当てはまりません。←常識

また、この場合は記事元と不当解雇の企業に賠償請求が普通ではないのでしょうか。もしくはグーグルに賠償請求とか。検索機能で害を受けたから、といってそれを潰すのは筋が通っていません。

あと記事にもありますが、こんな事例も。

【グーグルを提訴】「ストリートビュー」で放尿撮られた仏男性が

いやぁ・・・これは恥ずかしい(*´д`*)

でもストリートビューは公道を専用の撮影車が走ってその写真を繋ぎ合わせて作る、つまりちょっと頑張れば誰でも見えるような所で放尿していたという訳で。記事を見ると、庭で放尿していたと。

何故そんなところで放尿していたのか逆に知りたい。

以上、ヌンググンでした。

こちらの記事もどうぞ