もうすぐ遠足ですね。

1年生は、しあわせの村へ行きます。

4クラスはバーベキュー、もう4クラスは飯盒炊さんということなんですが…

飯盒炊さんができる人、どれくらいいますか?

 

あまりいないでしょうねー。

飯盒炊さんなんて、する機会あまりないですし。

私も、ガールスカウトに入っていないければ、できなかったと思います。

そんなわけで、今回は、飯盒炊さんの定番とも言える、カレーの作り方を見ていきましょう。

といっても、主に火のつけ方とご飯の炊き方についてになりますけどね。

 

カレー編

家で作るときと、ほぼ同じですわ。

具材は、あまり大きく切ってしまうと火が通りにくくなってしまうので、気をつけましょう。

あと、鍋の周りに、クレンザーを水で溶かしたものを塗っておくと、洗うときに楽になります。

以上。

火のつけ方編

薪をこのように三角に組みます。

三角でなくてもいいですが、とにかく空気が通りやすいように組みましょう。

そしてできた空間に、新聞紙を1~2枚丸めて入れます。

固く丸めると火がつきにくくなので、軽くくしゃっとするだけにしましょう。

小枝や落ち葉があれば、新聞紙と一緒に放り込みましょう。

 

マッチで火をつけるときに軍手をするのであれば、箱を持つほうの手だけにしましょう。

摩るときは、恐れず一気にやってしまいましょう。

マッチは新聞紙のところに一緒に放り込み、燃やしてしまいます。

 

後は適当にうちわなどで空気を送ったりしておいたら大丈夫です。

ご飯の炊き方編

はい。

一番重要と思われるもの来ましたよー。

 

ここで問題となるのは、水の量でしょうか。

飯ごうに米入れて、その上に手を置きます。

 

そして、手が隠れるくらい(手首くらい)まで、水を入れます。

これで大体おいしく炊けるはず。

 

薪を飯ごうのふたに当てて、ことことなっていれば、炊けてます。

 

かまどからとり、しばらく裏返して置いて蒸らすと、よりおいしくなります。

 

飯ごうの周りにも、クレンザーを水で溶かしたものを塗りましょう。

多めに塗っておくといいです。

塗り忘れると、悲惨なことになります。

 

 

こんなもんですかねー。

飯盒炊さんになったクラスは、頑張ってくださいー。

 

文:闇猫、イラスト:CENLIでしたー。

 

こちらの記事もどうぞ