おはこんばんちは、kagaminです。

今日学校から配布されたプリントにおもしろいものがありました。

プリントは以下のような内容でした。

 

・例年8月下旬に第一回校内実力テストを実施していたが、生徒の負担・試験の効果を考慮し第一回校内実力テストを廃止。

その代わりとして、河合塾主催の全統マーク模試・記述模試を全員受験とする。

 

 

・・・ん??

ということは、去年まではマーク模試と記述模試は全員受験じゃなかったようですね。

だとすると・・・

【去年まで】

実力考査:平日2日間を使用。授業がなくなりそこでテスト。

マーク模試:希望者のみ。

記述模試:希望者のみ。

【今年】

実力考査:なし。代わりに授業7時間みっちり。

マーク模試:全員受験。日曜日

記述模試:全員受験。水曜日。

 

・・・はい。明らかに生徒の負担は重くなっていますね。

この「生徒の負担、試験の効果等を考慮し、」というのは、もともと「みんな模試を受ける」という前提で考えられているのか、

それとも、「負担がもっと重くなるように」考慮されているのか。

さて、どちらなんでしょうか。

 

私としては模試が受けられて嬉しいですが。

 

どちらにしても、とても頭にクエスチョンマークが残るプリントでした。

ではでは。

こちらの記事もどうぞ