京都市内の飲食店で、とある窃盗が行われました。
その犯人は警備会社セコムの社員でした。
その手口は、入り口を壊して侵入。赤外線センサーを回避するために床を這い寄り、レジから現金約21万円を盗みました。

赤外線センサーは回避できたものの、監視カメラにはばっちり映っていたのであえなく御用でした。



何やってるんですかセコム。
警備員が警備の裏を書いたが警備装置に阻まれ窃盗失敗ってどういうことですか。

信頼するはずの警備員を信頼できなくなるのはつらいですね。

参考http://www.j-cast.com/2012/05/28133600.html?p=all

こちらの記事もどうぞ