多くのアニメや、ドラマ、映画である展開。

戦闘ものだと、結局ヒーローや主人公が勝ってハッピーエンドですよね。

今思えば、魔王とか悪者って結構同じミスを犯して倒されるような。

そこで、全世界の悪の支配者に、どうやったら最強になれるか、方法を伝授しましょう!

 

1.アジトの通気口は人が通れない大きさにする。

扉に鍵をかけていて、厳重な警備をしてても通気口は盲点!

ぜひ気をつけていただきたい。

 

2.捕まえた敵を殺す前にのんびりとほくそ笑んだりしない。

もしかしたら背後から攻撃が来るかもしれませんからね

 

3.殺しかけた敵に「最後の頼みだ。秘密を教えてくれ」と言われても教えない。

自分の弱みはいかなる場合であっても決して見せてはいけないのだ!

 

4.敵が谷底に落ちても安心しない。

案外どっかにひっかかって生きてるものですよ。ヒーローってのは図太いから。

 

5.「ムハハハ!」という笑いは瞬時に起きた出来事を見逃す可能性があるのでなるべく我慢する

会心の笑いを見せるのは、本当に戦いが終わってから―自分の家などにしましょう。

 

6.警備兵に侵入者の捜索にあたらせる場合、必ず二人以上のチームで行かせる。また、その一人が突如姿を消した場合は直ちに警報を発して応援を呼ば   せ、間違っても一人で通路を覗きこんだりさせない。

結局隠れていたヒーローに二人とも倒されて警備を突破されてしまいますから。

「警備などは二人以上」これ、鉄則ですよ。

 

などなど、まだまだたくさんあるので、気になる人は自分で調べてみてください。

結論は、「『かもしれない』を常に考える」ですね。

ありとあらゆる可能性をつぶして、戦いに臨むのが一番いいと思います。

それから、これはあくまでもジョークなので、悪用しないようにお願いします。

 

ソース元:http://news.nicovideo.jp/watch/nw272858

こちらの記事もどうぞ