唐突ですが、ついこの前の夏休み明けのことでした。
 ひさしぶりに会った友人が、わたしに向かって、夏休みに何かあったのか、と笑顔できいてきました。

 別に何もありません。
 しいて言うならば、海外に研修に行ったおかげで、やや開放的な性格になったというところでしょうか。
 それで、そのまま調子に乗って、美容院に行き、前髪を作りました。それまでは、うしろ髪といっしょにしていて、前髪はなかったのですが、なんとなく前髪がほしくなったのです。
 ついでに、さらに図に乗って、ファッションに気を使うようになりました。
 そうか。そのせいで、わたしの身に何かあったのか、と疑われたんですね。
『愛と青春の…』みたいなものが、あればいいんですけどね。
 わたしには、ないんですよ。
                             
 すみません。前置きが愚痴っぽくなってしまったうえに、長くなりすぎました。
 今回は、ファッションに潜む危険について、お話しましょう。
                            
 まだまだ暑いですね。でも、いずれ寒い季節がやってきます。
 これからの季節、ブーツやスキニージーンズ等のファッションアイテムを使おうとしている女性も、多くいるのではないでしょうか。
                          
 実は、それらが健康に影響を与えていることを、ご存知ですか。
                         
 どうやら、ブーツは血流悪化につながり、むくみやひえが引き起こされるのです。
 また、スキニージーンズは、太ももの過度な締め付けにより、神経が圧迫されてしまうそうです。
                           
 おしゃれも大切ですが、健康にも気を使わねばなりませんね。
                        
                       
     情報:http://news.ameba.jp/20120908-289/