こんにちは、マウスです。

元記事はこちら

シャープが何だかすごいものを作ったらしいですよ。以下元記事より引用。
 シャープは、 スマートフォンの発信や着信が子機で操作できる電話機「インテリアホン」を、10月21日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は、子機1台 タイプの「JD-4C2CL」が20,000円前後、子機2台タイプの「JD-4C2CW」が28,000円前後。

  デジタルフォトフレームとコードレス電話を一体化した、シャープの電話機シリーズ「インテリアホン」の最新モデル。今回は、本体とスマートフォンを Bluetoothで接続する「スマホコネクト」機能を搭載した点が特徴。スマートフォンの発信や着信が、子機で操作できる。

また、スマートフォンに登録している電話帳データが本体に転送可能。電話帳を登録する手間が省けるという。
スマホコネクトによる、スマホとの連携例。カバンの中で着信があった場合、インテリアホンからも着信のベルが鳴り、通話できる
smc001

デジタルフォトフレーム機能では、19種類のカレンダーと時計のデザインを搭載。誕生日や結婚記念日など、事前に設定した日時になると、アニメーションを表示する「記念日表示機能」も搭載する。

smc002[1]

子機は、顔のラインにフィットするよう、175度の緩やかなカーブを付けた形状を採用。スピーカーは耳元に、マイクは口元に近づき、通話がしやすいという。また、本体の設置面積は従来機「JD-4C1」よりも約10%小さくなっている。

http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20120911_558742.html

 

ほうほう、スマートフォンに発信・着信ができる子機がついているのですね、これはすごいですね(小並感)。

で、携帯に子機って意味があるんでしょうか? 本体で電話すればいいですよね。

まあ、あくまでデジタルフォトフレームが本体ってことなんでしょうか……? 何にせよ、かさばるし、何を目的に作ったのかよく分からなくなってきました。うん、家に置くにはいいんじゃないですかね、僕はいりませんが。

以上、マウスでした。