どーも、T.Kです。

ちょっと前に「新型インフルエンザ」がよく話題にのぼっていましたが、またまた新型のウィルスが出たみたいです。

SARSといえば、千里校生のみなさんは一年のときに保健の授業で習いますよね。

CNN.co.jp(http://www.cnn.co.jp/world/35022191.html)によると、

型ウイルスは、SARSや一般的な風邪の原因となるコロナウイルスの一種で、これまでに2人の感染が確認された。1人はカタールの49歳の男性で、9月11日に英国に搬送されて治療を受けており、現在重体となっている。もう1人はサウジアラビアの60歳の男性で、6月に治療を受け、その後死亡した。

とのことで、新型ウィルスの強力っぷりがうかがえます。

コロナウィルスも、保健の授業で習った気がします。

……覚えていないので、Wikipedia先生(http://ja.wikipedia.org/wiki/SARS)へ伺いました。

重症急性呼吸器症候群(じゅうしょうきゅうせいこきゅうきしょうこうぐん、Severe Acute Respiratory Syndrome; SARS(サーズ))は、SARSウイルスにより引き起こされる新種の感染症。新型肺炎(非典型肺炎、中国肺炎、Atypical Pneumonia)とも呼ばれる。
2002年11月(広州市呼吸病研究所は7月と発表)に中華人民共和国広東省で発生し、2003年7月に新型肺炎制圧宣言が出されるまでの間に8,098人が感染し、774人が死亡した。

これはやばい。

なんという威力……そういえば、こんな文が教科書に載っていた気もします。

それでは、ついでにコロナウィルスの概略も……と、思いましたが、Wikipedia先生ですら、とてもではありませんが意味がわからないことしか書いていないので割愛します。気になる方は直接検索をかけてみてください。オススメはしません。

なにはともあれ、WHOも注意を呼びかけているようです。

パンデミックがそうそう起こるとは思いませんが、警戒は怠らないようにしたいものですね。

こちらの記事もどうぞ