なんと、スコットランドの北東部にある都市アバディーンのフォートディ地域にある街が大量の泡によって、埋め尽くされ、真っ白になっているそうです!

なっ、なんだか凄いことになってますね・・・

まるで大雪が降ったあとみたいなっ!

ある日、朝起きたら、街中がに覆い尽くされているなんて・・・そんなホラー聞いたことがありますか?

 

 

問題はこの泡、どうやってできたのでしょうか?

以下 らばQ これが自然現象だなんて…大量の泡でスコットランドの街が真っ白に より引用です。

強風が海に打ち付けることにより巻き起こった波が、植物プランクトンの粘液を作り出し、それがホイップされることで大量の泡が発生してしまうとのことです。

海洋生態学者のクリストファー・トッド教授は「まるで海が洗濯機になったかのようだ」と語っています。

なるほど・・・これらの泡は全て海から来たんですね。

と言っても、この写真もどこからが海で、どこからが泡なのかわからない状態なのですが・・・

 

この現象はまれに起きるそうなのですが・・・

このせいで学校も閉鎖になったりして、日常生活にも被害が出ているみたいですしね・・・

自然現象ですから、人がどうこうというものではないというのが難点ですよね。

動画だと泡あわ感が更に凄いです

 

 

そういえば、運動会の時にバックアーチを雨の中に放置していて、次の日立てに行ったら、裏に大量の泡がついてたんですよ・・・

あれも一緒な感じなんでしょうかね?とふと思ったCENLIでした。

 

こちらの記事もどうぞ