どうも!絶賛テスト期間中のCENLIです。

「カゲロウデイズⅡ」買ったのに、まだ読めないという悲惨な状況下です・・・

今日は写真家であるパパさんが撮ったブラックユーモア&愛情たっぷりの写真を紹介したいと思います!

その名も「世界一のパパ」シリーズ!

「えっ・・・」と普通思いますよね?どこが世界一なんだろうかと疑問に思います。

一体これはどういうことなのでしょうか?

以下「Pouch いけてる写真家パパによる家族写真「世界一のパパ」シリーズがタイトルと裏腹なブラック・ユーモア&たっぷりの愛情で話題に!」より引用です。

米ワシントンD.C.に住む写真家デイヴ・イングルドウ氏が、愛娘のアリス・ビーちゃんを授かったのは2010年のこと。新米パパとして、子育てによる寝不足の日々を送っていた彼も、ご多分に漏れず娘の写真を撮りまくっていました。しかしそこはアーティスト、せっかくならクリエイティブで家族や仲間も楽しめる「作品」を撮りたい。娘が将来笑ってくれたら、なお最高! と思い立ちます。

作品をフェイスブックや写真投稿サイトにアップしたところ、同じような経験を持つ新米パパたちをはじめ、世界中から予想外の大反響が! 以後、シリーズとして作品を撮り続けることに。いつでも「World’s Best Father (世界一のパパ)」とプリントされたマグカップを持ったパパが、それとは正反対のシチュエーションで、可愛らしい娘をコキ使ったり、危ないことをやらせたりとやりたい放題。

「このシリーズで描いているのは、自分が決してなりたくない父親、つまり、不注意で無知で自己中心的、そしてときに横柄でさえあるような父親像なんです。私はいつも自分の抱える個人的な恐れや頭痛の種をユーモアで乗り越えてきました。これらの写真は、いわゆる “父親業” に対する私の恐れをユーモラスに描いたものなんですが、世の中の多くの父親にとっても同じみたいですね」。

 

デイヴ氏はそのような思いを持ってこの写真を撮ったんですね・・・

にしても、少しやりすぎな気もしますがww

やりすぎなほどデイヴ氏のアリスちゃんへの愛情が感じられる気がします。

 

他にも何枚か「世界一のパパ」シリーズの写真を紹介したいとおもいます!(もっと見たいという方はこちらへどうぞ)

 

【赤ちゃんをお鍋に入れて、調理でもする気なんでしょうか?】

 

【赤ちゃんは泣いてるのに、パパはヘッドフォンしながら小説読んでビックリ】

 

【赤ちゃんの頭に乗って、電球交換。これ・・・どうやって撮ったのか気になります】

 

きっと、愛娘のアリスちゃんにとっても、いい家族写真になることでしょうね!

と言いつつも、僕は小さい頃の写真を見せられると、小っ恥ずかしくて仕方ないのですがww

アリスちゃんも高校生ぐらいになったときに、こんな写真見せられたら、赤面してパパに文句を言うんでしょうかね。

こちらの記事もどうぞ