ファストフードでも王道なハンバーガー。

皆さんはハンバーガー好きですか?

ちなみに僕は好きなほうです!

 

ハンバーガーの包装紙にケチャップがついたりして、うわーーーーってなったことありませんか?

僕は某モスバーガーのソースがこぼれるのによくいらいらしますwww

 

そんなハンバーガー好きの皆さんに朗報です!

なんと、包装紙が食べられるハンバーガーがブラジルで販売されたそうです。

包装紙食べて美味しいのか・・・という感じですが、そんなには気にならないそうです。

何でつくられているんだろ、その包装紙・・・

ここまでエコを追求するべきなのか・・・という感じなのですが。

 

ブラジルのハンバーガーチェーン店であるBob’s(ボブズ)という店で販売されたこのハンバーガー。

どういった理由で販売されたのでしょうか?以下ここより引用です。

この包装紙ごと食べられるバーガーは、プロモーションのために期間限定で販売。目的は「Bob’sバーガーは包装紙を外すのが待ちきれないほど美味しい!」ということをアピールするためだそうだ。なお、バーガーを買った客のほとんどは、包装紙を捨てずに食べたとのこと。この企画は大成功だったと言える。人々が白い紙の包みを美味しそうに頬張る姿はシュールな光景である。

 

しかしハンバーガー、包装紙でつつんでいるけれど、普通に持った時と同じくらい手は汚れるそうです。

・・・この包装紙意味ないんじゃね?と思ったのは、僕だけではないと思うのですが・・・

でも、商品としてのインパクトとしては抜群かもしれないですね!

 

ブラジルなので、ちょっと見に行ってみようか、なんて考えたりはできませんがww

将来的には、世界のハンバーガーは全てこの食べれる包装紙になるかと思うと・・・なんかちょっと面白いですよね?

でも、個人的には手が汚れるのは嫌だなぁ・・・

手が汚れない、食べれる包装紙が開発されたらいいなと思います!