こんにちは、狼蘭です。

先日、12月18日にJICA神戸という施設にお邪魔してきました。

JICAとは、「独立行政法人国際協力機構」ということで、国家の多国間援助を行っている機関です。

そこで、国際協力とはどのようなことかを学ぶのが、今回の訪問の目的でした。

まず、ついたらお昼時なので、お昼御飯をごちそうになりました

タンザニア料理を日本風にアレンジした食事でした。

鶏の燻製ぽいものと、ポテトが入ったオムレツ、唐辛子入りサラダ、鶏のそぼろが入ったピラフと、デザートにアボガド入りココナッツミルクです。

このJICAには、1年生ふたクラスずつで日をずらして訪問しており、私たちのクラスは一番最後の訪問だったんですが、

なぜか行く前に「御飯はまずい」という噂が流れていまして。

警戒しながら、食すとそんなにまずくない……というかおいしい!

ピラフはお代わりしちゃいました。

みんなの食事風景。あまりまずいという意見は聞かなかったですね。

 

それから、JICAについての説明、そして職員さんのモルディブでのボランティア体験を聞きました。

そして、ブラジルの子供たちの生活を示したビデオをみて、それについての意見交換。

 

職員さんがまた愉快な人で、授業形式のように生徒を当てては意見を聞き、それについて面白いコメントを残していました。

それで、ビデオを見る前職員さんが「誰かにまとめをしてもらおうかな~」と言って

いきなり私の名前を呼ぶもんだから大慌て。

「まとめって何すりゃいいんだ?え、何を言えばいいの?」

と混乱しながらも、なんとかまとめられました(笑)

 

この研修で分かったことは、日本はとても恵まれているということ、

日本はとても多くの無駄を出しているということです。

これからは、世界の事を考えて行動しなくてはいけないと思いました。