12月18日、46期総合科学科は、高大連携講座で、神戸大学海事科学部と京都工芸繊維大学付属農場へ、半々に分かれて行ってきました!

報道部、46期科学科は私一人なんですよね。

なので、私の行ってきた神戸大学海事科学部しか書くことができませんが、どんなことをしてきたのか書いていきます!

 

行きも帰りもバスでした。

着いたらまず、学部概要説明とキャンパスライフの説明を受け、模擬授業

模擬授業は、

①量子ビームの利用(約50人)

②航法計算(約30人)

に分かれて受けました。これは事前に選択していたものです。

私は航法計算の模擬授業を受けました。正直良くわかりませんでした。でも、普段の教室と違い広々としたところで授業を受けれて、新鮮でした。

 

模擬授業のあとは、食事休憩

食堂を利用できたのですが、すごく混雑していました。

メニューは豊富。量も選べたのですが、普通にしたはずが多かったです。

 

休憩が終わったら、20人ずつ4班に分かれて施設見学をしました。

私は

ロープワーク→海事博物館→シュミレータor加速器→深江丸

の順に回りました。(各25分)

1、ロープワーク

本結び、もやい結び、薪結びをしました。

本結びは基本的な結び方。もやい結びは引っ張っても輪が縮まらないため、救助の時などに使う。薪結びは、柱などにロープを縛り付けるのに便利です。

2、海事博物館

展示を見て回りました。確か、「船の推力発展史 ―人力・風力から未来へ―」ですね。

様々な船の模型があり、楽しかったです。

私はひたすら、ファンタジーに出てくる海賊船みたいなものを探していました。

3、船舶運行シュミレータorタンデム静電加速器

10人ずつに分かれて見学しました。航法計算の模擬授業を受けた人は自動的にシュミレータでした。

シュミレータ http://www.maritime.kobe-u.ac.jp/study/senpaku.html

加速器 http://www.maritime.kobe-u.ac.jp/study/tandem.html

(神戸大学HP)

楽しかった!!

はい、楽しかったです。スクリーンに映し出される風景は、実際の地形を再現しているそうです。

波まで出てきたりと、思った方向に操縦するのは大変でした。

4、深江丸

これ(http://www.maritime.kobe-u.ac.jp/study/fukaemaru.html)ですね。

附属練習船深江丸。学生の方に、中を案内していただきました。

泊まった状態でしたが、普段見ることのできないところまで見れてよかったです。

121218_1442

写真が斜めになっているのは、頑張って背伸びして撮ったからです。ちなみに今回、写真はここしか撮れていません。

 

こんな感じですね。

あとは在学生との懇談で、在学生に質問できたり・・・

 

あまり参考になるものが書けませんでした…。

感想を叫ぶとしたら、

海も面白い!!

ですかね。

こちらの記事もどうぞ