どーも、T.Kです。

今回紹介するのはこちらですね、ペンです。

とは言ってもボールペンやシャーペンではなく、いわゆる「タッチペン」です。

近年はDSに始まり、スマートフォンやiPad、iPhone、Kindleなどタッチで操作する電子機器が爆発的に増えています。ですが、画面に指紋が付着したり誤操作を嫌う人はタッチペンを使うしかないですよね。

しかしタッチペンはタッチペンで、操作するのに滑ったりするので、これもまた気持ちが悪いです。

そしてこの度、そんな悩みを解消するかもしれない商品が登場しました。Wacomの『Bamboo Stylus feel』です。

Wacomのホームページによると、

Bamboo Stylus feelは、Wacom feel IT technologies搭載のタッチスクリーン端末上で通常のペンと変わらない書き心地で使うことができ、現在市販されている、ほとんどの端末にマッチするようデザインされています。

タッチペン2

とのこと。(画像も同ホームページより)

これは物書き的には魅力的ですね。アイデアを適当な紙に書き留めていると収拾がつかなくなってきますので。

さらにこのペンはカーボンファイバー(日本名:炭素繊維)を使用しているらしく、Wikipedia先生いわく、

炭素繊維の長所を一言で言うと「軽くて強い」という点である。鉄と比較すると比重で1/4、比強度で10倍、比弾性率が7倍ある。その他にも、耐摩耗性、耐熱性、熱伸縮性、耐酸性、電気伝導性に優れる。短所としては、製造コストの高さ、加工の難しさ、リサイクルの難しさが挙げられる。

らしいです。要するに、カーボンファイバーは値段が高いんですねわかります。

まあ、それなら7980円という値段も納得がいく気もします。

日常的にタッチペンをよく使う人は買ってみてはいかがでしょうか。