クリックすると新しいウィンドウで開きます

皆さんは、昨年12月に大阪で起こった、161匹の飼い犬に対する虐待事件を覚えていらっしゃいますか?

今、その事件後に保護されたミニチュアダックスフンド70匹の引き取り手が、大阪府によって募集されています。しかし、応募締め切りは明日・・・にも関わらず、21日午前の時点で、応募はわずか3件だそうです。

府動物愛護畜産課によると、あの事件の後で最終的に保護された犬は141匹。犬たちは、府内の動物病院で手術や治療を受け、そのうち約70匹は、各病院が引き取り手を見つけたため、残っている約70匹が、今回譲渡対象になっているそうです。

大阪府は、今月15日に募集を正式に告知。明日、22日に募集は一旦締め切るようですが、この募集状況を見て、府は今月下旬にも再募集を予定しています。

事件直後は、引き取りを希望する電話も多かったようですが、事件から少し時間が経ち、犬の引き取りのことを忘れてしまった人も、少なからずいるのかもしれません。

応募は、府のホームページにある申込用紙に必要事項を記入し、府犬管理指導所にメールなどで送信。その後、府職員が希望者の家庭を訪問し、飼育環境などを確認。問題がなければ、3月の譲渡会に案内されるという流れのようです。

引き取りに関する問い合わせは犬管理指導所((電)06・6981・1050)だそうです。

私はペット禁止の所に住んでいるので、残念ながら犬たちの引き取り手にはなれませんが、私がこのことを記事にすることで、一人でも多くの人に今の犬たちの状況を知ってもらって、一匹でも多くの犬が引き取られて新しい飼い主の所で幸せに暮らせることを願っています。

大阪府ホームページ http://www.pref.osaka.jp/shokuhin/kyoukenbyou/izumi-dax.html

元記事 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130221-00000150-san-soci

こちらの記事もどうぞ