最近は街のいたるところに100円均一ショップがありますよねー。安くで、品揃えも多くて、本当に便利だと思います。

いつも高いお金を出していたものが100円で売られているのを見つけて、買ったらなんだかお得に感じますよね?

しかし、100円で買ったけれども、その100円すら払ったのがもったいない!!というような「買って損なもの」を10個ご紹介したいと思います。

 

(以下斜線部分はこちらより引用です)

・スキンケア系

乾燥しやすかったり、肌が荒れてしまったりすることが多いよう。

確かに100円で買ったファンデーションとかちょっと・・・ってなりますもんね。

 

・リップクリーム

やはり潤い感を求めるなら、数百円足して、ドラッグストアなどで買ったほうが何かとお得です。

友人が1度使っていたのですが、伸びが悪いなどと言ってました。

 

・ヘアケア系

髪に潤いや艶を持たせたりセットキープなど、過剰な機能性への期待は禁物。

ヘアブラシなどは100円で買うのはオススメです。

 

・毛抜き

長く使うことを考えたら、使い勝手がよくかみ合わせがいいものを選んだほうがいいです。

そもそも買ったことがないのでわからないですが・・・かみ合わせがいいほうがいいというのは確かですね。

 

・ストッキング

一度使えればいいと思って買うかもしれませんが、それにしてもこれは高くついてしまいます。

普通のものを買っても数回で破れてしまいますもんね・・・微妙なところです。

 

・爪切り

これはお店にもよるのでしょうが、上手く切れないことが多いようです。

切れない爪切りほどイライラするものはないですよ・・

 

・カミソリ

刃物は上手く剃れないものが少なくない様子。

カミソリは下手なものを選ぶと、肌が荒れちゃいますよ!!

 

・ナイロンタオル

デザインなどを気にしなければ、タオル類は好評ですが、お風呂で使うタオル類は肌にとっては負担になるものも……。

少し高めでもいいので肌にいいものを選びたいですね。

 

・パンツ

下着類は一度はいたら、ゴムがダメになったなどと、不人気。

100円ショップで買った下着を身につけるというのは・・・よっぽどのことがない限り避けたいですね・・・

 

・靴下

靴下もゴムが伸びやすい、穴が空きやすいといった理由でおすすめできません。

自分が以前買った靴下は表示サイズの割には大きすぎて履けませんでした・・・

 

 

使いきりになってしまったら、「もったいない!」と思っちゃうのが日本人。

やはり長く使えるものを買いたいですよね?

こういうものを除いたら、100円ショップは安くでものが手に入る便利なお店です!

ぜひ賢く利用したいものですね!

 

CENLI的には100円ショップでは文房具を買うのがいいと思いますね。

しかし、ボールペンやシャーペンに関しては良くないものもあるので要注意です。

こちらの記事もどうぞ