こんにちは、マウスです。

本当に何の前触れもなく情報が入ったからびっくりですよ。

講談社BOXホームページより。

かねてより物語シリーズ最終巻の『終物語』の発売は告知されていましたが、突然最新巻の『暦物語』の発売が決定したとのことです。

タイトルに使われてるのに主人公が表紙にいない……と思ったら、どうやら一年を振り返るという意味での暦で、主人公である彼のための話ではないそうです。

一話一か月からなる全12話の短編集のようで、番外編ではあるもののサイドストーリーとは呼びづらいとのこと。

先ほど挙げたようにシリーズ最終巻の『終物語』が今夏発売予定ですので、その前に滑り込んだ形になります。

「100パーセント突然書かれた小説」とありますが、伝説シリーズや漫画の原作もやっているかたわらここまで手が伸びるとは、本当に凄いですね。あるいは、『終物語』の執筆が進んでいないのでしょうか?

ともあれ、物語シリーズを楽しめる機会が増えるのいいことですね。

以上、マウスでした。

 

こちらの記事もどうぞ