san_sk220130328539view_thum500

大阪のシンボルである通天閣に、28日、しゃべるビリケンさんがやって来ました!!                                                                                                                           

このビリケンさんは足の裏を触られると、「もっと足の裏触ってや」「何でも願い事聞きまっせ」など、関西弁で色々しゃべってくれるのです!                                                                                                                                                公開初日の今日、警戒にしゃべるビリケンさんの姿に、見物客は思わず笑顔になっていたようです。

このハイテクなビリケンさんは、大阪ハイテクノロジー専門学校2年の風林優之さんと、河野智明さんが、卒業制作として作成し、通天閣に寄付したもの。                                                                                     足の裏にセンサーを設置し、手で触れると音声が流れる仕組みだとか。                                                                                                                                   ビリケンさんの声は、通天閣観光の西上雅章社長。商売繁盛を願って吹き込んだそうです。

これは、大人も楽しいと思いますが、訪れた子供がすごく喜びそうだなあと思います。                                                                                                                                                                                                          大阪人でありながら、通天閣には一度も行ったことがないのですが、一度行ってみたいなあ、と思いました。

元記事はこちら http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130328-00000539-san-soci                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

こちらの記事もどうぞ