2013040900032_1

はい、タイトルを見てドキッ!とした方、いらっしゃいませんか?                                                                                                                           今日、たくさんの人がケータイ画面を見ながら普通に歩いていますよね。                                                                                                                                       これが非常に危ないとして、歩きスマホ規制条約を提案した方がいらっしゃるのです。

提案されたのは、コラムニストの小田嶋隆さん。小田嶋さんは、以前ある雑誌でこの条約を提案されました。

実際、画面を見ながら歩くのはとても危険なようで、筑波大学の徳田教授らがスマホが普及する前の2007年に行った、障害者、高齢者、幼児の親を対象にした1200人規模の調査では                                                                                                                                              70歳以上の高齢者の47%もの人が「実際にぶつかった」あるいは「もう少しでぶつかるところだった」と回答。また、幼児を連れた母親の42%が携帯メール使用者と「実際にぶつかったことがある」と答えたというのです。

おまけに、タッチパネルを使うスマホは従来のガラケーより画面を注視する時間が長くなる傾向があり、今もう一度調査をすれば、もっと危険な結果が出るかもしれません。

小田嶋さんは、「歩きたばこ規制」を参考に、スマホにも銀座や秋葉原の歩行者天国、渋谷のセンター街といった象徴的な場所を「規制地域」に定め、違反者を取り締まってはどうかと提案され、具体的な罰則については                                                                                                                                                                                                                                             〈10歩以上画面を注視して歩いたら2000円〉
〈歩きスマホで人にぶつかったら3000円、イヤホンをしてゲームに夢中になっている悪質なケースは5000円など〉と提案されています。

賛成と反対が別れそうだなあ、と思うのですが・・・確かに危ないは危ないので、条約じゃなくても、日頃から十分注意しなくてはいけないなあと思いました。