神奈川県、千葉県で猛毒を持つタコ通称「ヒョウモンダコ」の発見が次々相次いで、

報告されています。

このヒョウモンダコというタコは、暖かい海に生息する生物ですが、近年九州などでの出没が

報告がされていて、去年は大阪湾にも出ました。そしてどんどん東側へと生息域を増やして

行っています。

このタコの毒は非常に強く噛まれると死に至る場合があり、危険です。

フグと同じテトロドトキシンという毒で、もし噛まれたら迅速な対応が必要と

なるでしょう。

 

もうすぐ海水浴をする人が出てくる時期です。もし仮にこのタコを見つけたとしても、

絶対に触らないようにしないといけないですね。

折角の夏なのに海で遊ぶのが危険になるのは悲しいです。やはり水遊びはプールが、

ベストなのでしょうか?

まあ、自分は夏は基本家を出ないのであまり関係のない話ですがね。

参照記事 コチラ 画像 コチラ

こちらの記事もどうぞ