m1

by YuMaNuMa

 

七尾「世の中に簡単な仕事なんて、ないんじゃないかな

木村「怒ってるって言葉じゃ、足りねえんだよ

王子「どうしてこんなに思い通りになるんだろうね。人生って甘いね

蜜柑「俺がドルチェで、そいつがガッバーナだ

檸檬「違う。俺はドナルド、そいつがダグラス

 

上野発盛岡着。新幹線という閉ざされた空間の中で、殺し屋と、元殺し屋と、中学生と、「首の骨を折る」のが得意な何でも屋とがぶつかり合い、裏をかき合い、非日常な世界を紡ぎだしていく。

「グラスホッパー」から少し時間がたった、殺し屋達の壮絶バトル。(グラスホッパーについては、前回の記事をご覧ください)

 

今回紹介するのは、「マリアビートル」(伊坂幸太郎著)です。

m2

 

m3角川書店

 

「マリアービートル」公式サイト

 

作者について

前回の「グラスホッパー」をご覧ください。

 

作品について

2010年、角川書店より出版。

 

あらすじ

元殺し屋で、息子の渉を「王子」に傷つけられ、復讐を誓い新幹線に乗り込んだ、「木村」。

見た目はインテリ風の中学生、しかし正体は、同級生を思いのままに操り、「社会実験だ」と大人を翻弄する、「王子」。

ハンバーガーを食べて「おいしい」というだけの仕事なのにハンバーガー屋が爆発するという過去を持つ、とことんツキのない何でも屋、「七尾」。

コンビで仕事をし、双子とも間違えられる殺し屋、読書が好きな「蜜柑」と、トーマスを溺愛する「檸檬

「峰岸」という老人がまとめる強大な組織と一つのトランクをめぐって、それぞれの思惑が交差する東北新幹線。

閉ざされた空間で、壮絶で狡猾なバトルが始まる。

 

感想

それぞれが狡猾で、騙し合い、裏をかき合い、知恵を使いあい、「グラスホッパー」よりはすこし過激な内容になっている。

それぞれのキャラが濃いので、笑いどころもあるし、派手に立ち回るので、ハラハラが止まらない。

「王子」が大人たちを翻弄し、思惑通りに、ことをはこぶ姿。

「蜜柑」と「檸檬」の軽快な掛け合い。

「七尾」は最初草食系か、と思うけれど、意外と強気で強い。

新幹線の中なので、どんどん時間が経過し、駅に止まる毎に起こるドラマに目が離せない。

随所にちりばめられた伏線がまた、物語を深くし、世界に吸い込まれそうな気がする。

非日常と日常の隙間の物語、ラストは奇妙で、何処か切なくなってしまう。

 

「マリアビートル」という題名は、「七尾」の二つ名、「ナナホシテントウ」から。

「テントウムシ」は英語で「ladybug」。この「lady」は、マリア様のことであるそうです。

 

さてさて、次はどんな作品にしましょうか。

余談ですが、今日は偉大なる名探偵、シャーロック・ホームズを生み出した推理小説家、アーサー・コナン・ドイル氏の命日、没後73年です。

外国文学も、紹介したいですね……。

 

こちらの記事もどうぞ