m1

by Biblioteca de Arte / Art…

 

「密室」なんてもう陳腐。口に出しただけで笑われる。

推理小説の限界に辟易する、名探偵と刑事の苦悩。

 

今回は、「名探偵の掟」(東野圭吾著)を紹介します。

m2講談社ノベルス

 

m3講談社文庫

 

○作者について

東野圭吾(1958年~)

1985年、『放課後』で「第三十一回江戸川乱歩賞」受賞。後デビュー。

1996年、『名探偵の掟』で「このミステリーがすごい!1997」にランクイン。

2006年、『容疑者Xの献身』で「第百三十四回直木賞」、「第六回本格ミステリ大賞」を受賞。

 

「ガリレオ」シリーズがドラマ化されたほか、様々な作品がドラマ化、映画化している。

 

 

○作品について

1996年、講談社より出版

1998年、講談社ノベルスより重版

1999年、講談社文庫より重版

 

2009年、テレビ朝日よりドラマ化。

主演:松本翔太

 

構成:

  • 第一章 密室宣言 – トリックの王様
  • 第二章 意外な犯人 – フーダニット
  • 第三章 屋敷を孤立させる理由(わけ) – 閉ざされた空間
  • 第四章 最後の一言 – ダイイングメッセージ
  • 第五章 アリバイ宣言 – 時刻表トリック
  • 第六章 『花のOL湯けむり温泉殺人事件』論 – 二時間ドラマ
  • 第七章 切断の理由 – バラバラ死体
  • 第八章 トリックの正体 – ???
  • 第九章 殺すなら今 – 童謡殺人
  • 第十章 アンフェアの見本 – ミステリのルール
  • 第十一章 禁句 – 首なし死体
  • 第十二章 凶器の話 – 殺人手段
  • エピローグ
  • 最後の選択 – 名探偵のその後

 

○あらすじ

名探偵「天下一大五郎」と県警警部「大河原番三」が出会う十三の事件。

ときどき彼らは本筋の話を外れ、二人だけでこそこそ話す。

「読み手はたいてい、こいつが本命、こいつが大穴って犯人の目星をつけてるんだ。だから、誰が犯人でも『やっぱり、わかってたよ』と言う」

「密室トリックがトリックの王様?そんな時代はもう古いよ」

「二時間ドラマだと、たいてい主人公は女になっちゃうのよ」

「どうして見立て殺人は童謡とかの通りに殺すんだろうな。そんなことしたって意味がないじゃないか」

「ご都合主義」等々。

ミステリ、そして読者への毒々しい批判が痛い、異色の推理小説がここに!

 

○感想

これを読んで、自分の馬鹿さにショックを受けた。

東野圭吾氏の、「読者は受け身じゃだめ」という精神が全てに貫かれ、読者を批判している。

『どちらかが彼女を殺した』(講談社)は、あえて解決編を省き、読者が嫌が応でもなぞ解きしなければいけない、という小説だった。

つまり、東野圭吾氏は、ただ口を開けて解決編を待っている読者に喝を入れている。

また、『名探偵の掟』の第十二章には、こんなセリフがある。

「この旅館に泊っているのは、私と(略)そして、A.B,C。彼らはこの話に関係がないので、名前がない」

 

つまり、登場人物を大勢出すことで読者を混乱させよう、という手法はアンフェアだと、作者を批判しているのだ。

東野氏は、ミステリの行く末を本気で心配している人だと、この本をよんで強く思う。

 

 

この「日本文学奇書に挑戦」も今回で二十回を達成しました。

よければ、バックナンバーも見てみてください。

 

 

こちらの記事もどうぞ