「すべてがFになる」
モニターに表示された言葉と、ウェディングドレスの死体の意味とは?

本日紹介するのは、「すべてがFになる」(森博嗣著)です。

f1講談社ノベルス

 

f2講談社文庫

 

○作者について
森博嗣(1957〜)
1996年、『すべてがFになる』で第一回メフィスト賞を受賞。その後デビュー。
作品シリーズに、『S&Mシリーズ』、『Vシリーズ』、『Gシリーズ』などがある。
元名古屋大学助教で、工学博士。
ブログ:森博嗣の浮遊工作室

 

○作品について

1996年、講談社ノベルスよ出発。
1998年、講談社文庫より出発。

『S&Mシリーズ』の第一作目。

 

○あらすじ

お嬢様で女子大生の西園寺萌絵と、助教授の犀川。

十四年間人前に姿を見せたことのない天才工学博士、真賀田四季が住んでいる研究所がある島へ、ゼミのキャンプにやってきた。

何とか真賀田博士の顔を見たいと研究所を訪れる二人。

そこは人工知能が全てを管理しているハイテク研究所だった。

真賀田博士の部屋の前で、何とか接見を申し込もうとしているその時、部屋の扉が開き、ウェディングドレスを着た死体が進み出てきた!

パソコンのモニタに表示された「すべてがFになる」の意味とは……?

 

○感想

死体の登場シーンが他の作品にないほど突飛で、驚愕するほどのものだった。

プログラム用語や専門知識がところどころ出てくるが、理系じゃなくても、ストーリーは楽しめる。

1996年に執筆された話は、まるでこの二十一世紀で起こった事件のようで、コンピュータテクノロジーも、バーチャルリアリティゲームも、今現在開発、運用されているものばかり。

そのバーチャルリアリティゲームの中でなされる謎解きなど、新鮮で驚きだ。

事件の真相もだが、事件の舞台も楽しめる作品である。

コンピュータに頼り切っている今の世界を、どこか批判しているものもあるだろう。

理系の人が読むと、うなずけるだろうし、文系の人が読むと、その作風に驚くだろう。