t1

by Joeri van Veen

 

近未来、図書館は本を守る要塞となる。

本を規制し、一般人の目に触れさせまいとするメディア良化委員と、戦うべし。

銃撃戦も辞さない二力間の睨みあい、一進一退の攻防線は見逃せない。

 

今回紹介するのは、「図書館戦争」(有川浩著)です。

t2アスキー・メディアワークス

 

t3角川文庫

 

 

○作者について

有川浩(1972~)

【キケン】日本文学奇書に挑戦!【第二十三回】」を参照ください。

 

 

○作品について

2006年、アスキーメディアワークスより出版

2011年、角川文庫より出版。

その後のシリーズに、『図書館内乱』 『図書館危機』 『図書館革命』 『別冊図書館戦争』 『別冊図書館戦争Ⅱ』がある。

 

2008年より、漫画雑誌LaLa(白泉社)に「図書館戦争LOVE&WAR」として連載

 

同じく2008年4月~6月、フジテレビノイタミナにてアニメ

2012年、アニメ化の続編として「図書館戦争 革命のつばさ」が劇場アニメーション化

 

2013年、東宝より、実写映画

 

 

○あらすじ

近未来、公序良俗を乱す表現を規制する、「メディア良化法」が可決される。

メディア良化委員会は、その法の下、人々の娯楽である本を根こそぎ規制していった。

それに抵抗したのが、図書館。

独自の防衛隊、図書館隊を結成し、メディア良化委員会の魔の手から本を守ろうとする。

主人公、笠原郁は、『熱血バカ』の異名を持つ身体能力抜群の女子。

高校生の頃、とある書店で、身を呈して本を守る図書館隊員、郁曰く「王子様」に憧れ、図書館隊に入隊する。

図書館をめぐる攻防戦、メディア良化委員会との衝突、図書館隊の濃いメンバー、そして、郁の恋の行方とは……?

 

 

○あらすじ

初めて読んだのは、小学生のころ。ハリーポッターの1.5倍ほど厚い本に、最初は怖気づいた。

しかし、読み始めてみると、文体は軽く、とても読みやすい。

図書館隊には、軍隊のような「一士」「一正」など、固有名詞が多数出てくるのだが、その意味もすらすら頭に入ってくる。

読み終わったけれど、何度でも読みたくなるような読後感。

なので、今までで三回は読んでいると思う。

本を愛する身としては、こういう、本が規制される未来が来ると思うと、悲しくなる。

特に、最近「特定秘密保護法」というのが、議論されていて、表現が規制されるかもしれない。

このような攻防は、十分にあり得るんじゃないか、と思ってしまう。

また、この本は、恋愛要素も多くて、中々ドキドキする。

さすが、自衛隊小説&恋愛小説のプロ、有川浩先生だと、尊敬した。

こちらの記事もどうぞ