本日12月1日より、改正道路交通法が一部施行されます。

今回の改正によって、自動車の危険運転、無免許運転やそのほう助などに対する罰則が強化されたほか、自転車の運転にも新たなルールが加わり、自転車の違法な運転への取締りが強化されています。ここでは、今日から新たに適用される自転車運転の際のルールについてご紹介します。

1. 自転車の道路の通行は、進行方向の向かって左側の路側帯に限定(車道を走れない道路や、自転車通行可の標識がある歩道などは例外)

124403356281816109009_blog_090603-3

難しく書いてしまいましたが、路側帯とは上の写真の白線より左側のことを言います(手前から奥に走行する場合)。要するに、「自転車は、進行方向の向かって左側の車道を通行しなければならない」ということです。

これまでも警察などでは、自転車は基本的に車道の左側を通行するように喚起していました。しかし、一部の道路では「対面通行」が許可されており、改正前の道路交通法でも明確に規定されていなかったため、事実上「車道の逆走」が許されていました。

しかし、今回の改正で自転車の通行を一部の歩道などの例外を除いて「車道の左側」に限定することで、曖昧な部分をなくし自転車を明確に自動車などと同じ「車両」として取り扱うことになります。そのため、ルールも原則的に自動車と同じになります。

また、路側帯を通行する場合は、歩行者が優先となるため、通行を妨げないような速度と方法で通行しなければなりません。

「車道の逆走」はこれまで自転車に関わる交通事故の大きな要因となっていたので、事故を未然に防ぐためにこのルールが新たに適用されます。

 

ルールに違反し車道を「逆走」すると、「3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金」が科せられます。

2. ブレーキに関する検査は拒否してはいけない

このルールにより、近頃問題になっている、ブレーキが付いていない自転車やブレーキに不備が見られる自転車についての取締りが強化されます。

主に都心部で見かける「ブレーキなし自転車」。スピードの制御が難しくなるため、事故の原因になっていました。そこで、警察がそのような自転車の取締りを強化できるようにこのルールが設置されました。

このルールにより、警察官は自転車のブレーキの有無や不備がないか検査することができるようになり、ブレーキの異常を発見した場合は、所有者(運転者)に応急措置の命令を出すことが出来ます。

警察官による自転車の検査や、応急措置の命令を拒否した場合は「5万円以下の罰金」が科せられます。

 

また、「傘を差しながら運転する」・「イヤホンで音楽を聴きながら運転する」・「夜間、ライトをつけずに運転する(無灯火運転)」などといった以前から違反行為になっているものに対する取締りも今日から強化されるようです。

20131107-00033007-r25-002-1-thumb

昨年の自転車に関するルールの違反件数です。悪質な違反は検挙されて違反切符を切られるにもかかわらず、ものすごい数になっています。法律が厳しくなった今日からはもっと増えるかもしれません。自転車も「車両」なのだという意識をしっかり持つことが重要だと感じました。波助も時々自転車に乗るので、今日からはこれまで以上に違法な運転をしないように気をつけたいです。

自転車を運転するときは、安全第一で事故に巻き込まれることのないようにしたいですね。皆さんも違法な運転はしないようにしましょう。

参考記事:[ilink url=”http://irorio.jp/agatasei/20131130/92253/”]明日から改正道路交通法が適用、自転車に乗るときの注意点とは?[/ilink]―IRORIO

[ilink url=”http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/rxr_detail/?id=20131107-00033007-r25&vos=nr25yn0000001″]逆走で罰金も。自転車ルール改正点[/ilink]―Web R25 (上表も引用)