・「百鬼夜行シリーズ」の概要
京極夏彦執筆。
1994年から、講談社より刊行されている推理小説。

講談社ノベルと講談社文庫から刊行。

文庫版は通常1000ページ以上に及ぶ。

個々のタイトルには、かならず妖怪の名前が課してある。

h2

 

 

・内容

時代は第二次世界大戦後まもない東京。

タイトルに課せられた妖怪に関連して起こる差まざな事件を、[探偵]榎木津礼次郎が引っ掻き回し、[作家]関口巽が振り回され、[拝み屋]中禅寺秋彦が解体する。
本作品では、事件は〈解決〉されることはなく、〈解体〉されるのである。

登場人物が多く、かつ巻にまだがって登場するので、必ず順番通りに読むのがおすすめ。

レギュラーな面々は、

中禅寺秋彦(拝み屋or古書店屋or神官)

榎津礼次郎(薔薇十字探偵社所長、探偵)

関口巽(作家)

木場修太郎(東京警視庁捜査一課、刑事)

青木文蔵(東京警視庁捜査一課、刑事)

益田龍一(国家警察神奈川本部捜査一課、刑事→薔薇十字探偵社、探偵助手)

中禅寺敦子(秋彦の妹、稀譚舎編集者)

鳥口守彦(實録犯罪編集記者)

 

 

・既刊一覧
長編
①姑獲鳥の夏
②魍魎の匣
③狂骨の夢
④鉄鼠の檻
⑤絡新婦の理
⑥塗仏の宴
⑦陰摩羅鬼の瑕
⑧邪魅の雫

連作小説集
⑨百鬼夜行――陰
⑩百器徒然袋――雨
⑪今昔続百鬼――雲
⑫百鬼徒然袋――風
⑬百鬼夜行――陽

 

・読む順番(おすすめ)
①→②→③→④→⑤→⑥→⑨→⑩→⑪→⑫→⑦→⑧→⑬

 

・映画、アニメ、漫画など

●アニメ

2009年、第二巻「魍魎の匣」が日テレ系よりテレビアニメ化

「魍魎の匣」公式サイト

h1

 

 

●映画

2005年、第一巻「姑獲鳥の夏」が日本ヘラルド映画より映画化

2007年、第二巻「魍魎の匣」が、日本ヘラルド映画に代わりショウテージより映画化。

監督:原田眞人

キャスト:堤真一 椎名桔平、阿部寛ほか

 

●漫画

角川書店「コミック怪」にて連載中

作者:志水アキ

「コミック怪」公式サイト

 

 

・役立つ情報サイト
「大極宮」-大沢在昌、京極夏彦、宮部みゆきの公式サイト

「Wikipedia 百鬼夜行シリーズ」

「講談社book倶楽部」

「京極夏彦ワールド」-登場人物の登場刊一覧

「京極夏彦作品人名事典」-作品内に登場する人物についての説明、および作品内の年表

「百鬼夜行 記憶の匣」-年表、人物データなど

 

 

・過去に紹介した作品

「【第一回】日本文学奇書に挑!戦【姑獲鳥の夏】」

【第四回】日本文学奇書に挑戦!【鉄鼠の檻】

 

・この記事を書いた理由

「百鬼夜行シリーズ」にはまり、読み進めて行くうちに、登場人物などが多くて混乱してきたため。

まあ半分は自分のため。

 

・余談

私は関口先生が推しメンです。