黒子のバスケの作者の藤巻忠俊さんが少年ジャンプの公式サイトで黒子のバスケに関する脅迫事件の犯人逮捕についてのコメントを12月18日に発表しました。

本文

容疑者が逮捕されたと聞き、まずはほっとしたました。

捜査に当たってこられた方々、これまで変わらず応援してくださった読者の皆様には本当に感謝しています。

これからも楽しんでいただける作品を執筆していきたいと思います。

と語っていました。

この騒動は、書店やコンビニ、イベント会場などに脅迫状が相次いで送られ一部では単行本の販売を取りやめるまでに発展した事件です。

私の周りには、結構黒バスファンが多いので、私もとても心配でした。結構少年漫画が好きなので販売中止が決まった時は少し悲しくなったのを覚えています。無事犯人が捕まってよかったと思います。全く関係のない話ですが黒バスの単行本はツタヤでは販売を中止していたはずなんですけど、僕の近所のツタヤでは犯人が逮捕される前、普通に売っていました・・・。大丈夫だったのか・・・。

リンク

ネタリカ

http://netallic.yahoo.co.jp/news/20131218-00028437

少年ジャンプホームページ

http://www.syonenjump.com/j/2013/12/kurokomessage.html