いづれにしても、人は過ちを正すことを嫌うのですね。
孔子の言葉、「過ちて改めざる。之を過ちと言う」を胸に、生きていくことはできないのでしょうか。