年の数だけ、お餅つきをしてきたのです、私は。

毎年恒例、我が一族(親戚)はお餅つきをします。
というわけで、その様子をレポートします。

まずは、餅米を洗う。今回は30kgでした。

IMG_1647
バケツに米をあけ、井戸水で二三回、丁寧に・・・・・・。
手がちぎれるかと思いました。冷たすぎて手が痛い。

そして、その米をせいろに入れて、蒸します。
IMG_1646

 

湯気と煙がすごいです。この一段一段に餅米が入っています。

 

蒸し上がったら、餅米を臼にあけ、杵でつきます。ええ、人力です。

IMG_1649

IMG_1670

 

杵が速すぎで残像しか写っていません。

この石の臼は、もう何十年も前からある骨董品です。

それを三人ないしは二人がかりで、餅をつく。もう割れるかと思うぐらいの音が出ますよ・・・・・・。

IMG_1665

 

よいしょ~!

もちろんつくだけじゃなくて、餅をひっくりがえさなければいけません。

で、そのひっくりがえす人を、こっちでは「きなどり」と呼びます。

こう、餅を持ち上げなければならないのですが、これがもう熱い熱い。

餅がへばりつくしもうなんか大惨事。

大変ですよ、餅を作るのって。

 

餅ができあがったら、それを丸めます。

IMG_1644

IMG_1645

 

これはあんこです。これを餅の中に入れて、丸めます。

雑煮にあんこ餅を入れるので、必須なんですよね。まあ自分は入れないですが。

餅の種類はほかにもあって、エビ

IMG_1671

 

うわあ、なんかスライムみたいだ。

 

あとノリ

IMG_1679

 

 

それから白もちと、

IMG_1659

 

 

豆餅です。

9時ぐらいから始めて、終わったのが12時ぐらい。

てんやわんやの三時間で、かなりの量つきました。

これで、春ぐらいまでは餅食べ放題ですね・・・・・・。

 

家でお餅つきをする方は少ないかもしれませんが、つきたての餅はおいしいですよ。

年末年始、お餅を食べて過ごしましょう。

食べ過ぎとのどに詰まらせるのには注意して。