過去に7度世界チャンピオンとなり“皇帝”の愛称がある元F1ドライバーのミハエル・シューマッハが、12月29日に息子とスキー中に事故に遭遇。頭を岩に打ち付けて意識不明の重体となっています。
シューマッハはヘルメットを装着していたので、初めは駆けつけた救急隊員と会話を交わせたようですが、搬送後は意識不明に陥っており、現在、昏睡状態が続いています。

シューマッハの危篤状態は数日続く可能性も | Formula 1 | F1ニュース | ESPN F1

1度引退した後に3年間だけ復帰したもののぱっとした成績を残せなかった“皇帝”ですが、年末にこんな事故で名前を聞くとは……。

こちらの記事もどうぞ