26日午前4時10分ごろ、佐賀県唐津市のJR唐津駅にいる男性から携帯電話で「電車に足をひかれて切断した。救急車をお願いします」と119番通報があった。市消防署の救急隊が駆けつけたところ、唐津駅1番ホームに約6時間前に回送されて停車していた電車の下に、佐賀市内の50代公務員男性が、左足のひざから下がほぼ切断された状態で倒れているのが見つかった。男性は佐賀市内の病院に搬送されたが、意識はあるという。
男性は25日夜、同僚と唐津市内で酒を飲み、午後8時半ごろ、佐賀方面に帰るため唐津駅構内で別れたという。佐賀方面への最終は1番ホームから午後9時38分発だったが、男性は乗らず、ひかれた電車が到着するまでの目撃情報もないという。
男性は「よく覚えていない」と話しているといい、唐津署では、最終列車が発車した後、男性が何らかの理由でホームから転落し、電車にひかれたとみている。男性は、ひかれてから6時間にわたって意識を失っていた可能性があるという。JRや市消防署によると、回送電車の運転手は「全く気付かなかった」と話しているという。

転載元 http://www.asahi.com/articles/ASG3V34FKG3VTTHB002.html

写真・図版事故があったとみられる線路

酒を飲んで酔っ払い誤ってホームから転落し、頭を打って気絶していたところを電車にひかれた話にしか聞こえないが不可解な点がある。
まず、目撃情報が無い点。ホームから人が落ちるような事があれば誰かが気づくはずである。しかも人がいない深夜ではなく、まだ電車のある8時台。誰かに線路上まで運ばれたか、はたまたホームの端から誤って転落したのか……。様々な憶測ができる。
もう一つ。男性をひいたとみられる回送電車の運転手が引いたことに気づいていない点。線路上にあったものが石でもコンクリートでも電車は非常停止する。ましてや人なんて大きなものが線路付近に落ちて(?)いたらほぼ確実に気づくはずである。過去にあった多数の電車事故では何かを電車がひいたら異物をひいた音や振動が発生していた。人間の足も電車にとっては異物である。つまり、いくら足でも引いたら音も振動も発生する。それに気づかないのは情けないと私は思う。

アイキャッチ画像元 http://matome.naver.jp/odai/2128798623336655301/2128817160638823203

こちらの記事もどうぞ