現在、トルコではソーシャルメディアの強制排除が行われています。
1週間前のTwitterに続き、今度はYouTubeまでもがその犠牲となりました。

詳しい状況をTechcrunchより引用してご紹介したいと思います。

Googleの広報が本誌に伝えたところによると、トルコのユーザの一部がYouTubeにアクセスできず、その原因はYouTube側の技術的問題ではない。Googleは今、状況を調べている。
YouTubeの排除は、ある録画ビデオがYouTube上にリークされてから数時間後に起きた。そのビデオには、トルコの外務大臣と諜報部門のトップと軍のトップが、トルコをシリアのイスラム原理主義過激派組織との戦争に導きかねない計画を話し合っている様子が、記録されていた。
YouTubeの封鎖は今週の初めに懸念されていた。それはGoogleが、政府の腐敗を主張しているビデオの削除を拒否したからだ。そのときはトルコは、GoogleのDNSへのアクセスをブロックすることによって、Twitterへのバックドアアクセスを禁ずる手に出た。

トルコ政府にとって、まずいものが出るとそうやって強制排除などと規制するのは信じられないですよね。
では、1週間前規制されたTwitterは今はどうなっているのでしょうか?

Twitterはトルコ法人の弁護士とこのことについて相談し、トルコの複数の裁判所に訴状を提出しました。トルコ政府から削除を求められていたTwitterコンテンツを実際にブロックして、法的要件を満たしてまで提出されたこの訴状。
いち早く政府が全面復旧を行うことを祈るばかりです。

また、このようなことも書かれてありました。

Twitterがブロックされたときと同じく、怒れるトルコ市民は、VPNや独自のDNSサービスを使って裏道を確保し、YouTubeにアクセスしようとしている。

SNSが世の中に普及したおかげで、今まで知ることができなかったことをリアルタイムに情報を手に入れることができるようになりました。
そのおかげで貧窮した国民や政府に違和感を覚えた市民はより団結しやすくなったと言えるでしょう。
確かに政府にとって国民たちがSNSで繋がり、団結することは脅威かもしれませんし、政府にとって不利益な情報も多くで出回るかもしれません。しかし、そのようなことを全て規制し、弾圧することで難を逃れるのではなく、国民がその情報を共有するのには理由があるということをちゃんと理解する必要が政府にはあるのではないかと僕は思いました。

(アイキャッチ画像はTechcrunchの画像をお借りしました)

こちらの記事もどうぞ