harrypotter

 

以前、ハリーポッターのスピンオフが作製されるというニュースを報じました。

「ハリポタスピンオフ制作決定。ローリング脚本家デビュー?」

 

以下、スピンオフの大まかな情報を示します。

このスピンオフの主人公は、ニュート・スキャマンダー。

彼は、ホグワーツでの「魔法生物飼育学」の教科書、『幻の動物とその生息地』を執筆。

20130915-190930

スピンオフでは、「ハリーポッターと賢者の石」の70年前のニューヨークを舞台に、若きスキャマンダーの人生を追うそうです。

詳細は上記のリンクからどうぞ。

 

そしてさらに、新たな情報がワーナー・ブラザーズから提示されました。

このスピンオフは、三部作として製作されるそうです。

監督や配役、公開日は未定です。

 

舞台もニューヨークということで、「ハリー・ポッター」とはまた違った世界観になりそうです。

70年前というと、ダンブルドア校長がホグワーツを卒業した直後の時代です。

そして魔法生物飼育学と聞けば、ウィザウィングス(バックビーク)や尻尾爆発スクリュートなどが思い浮かびますね。

もちろんルビウス・ハグリットも。

作者自身が脚本を書くということで、ハリーポッターで描かれなかった魔法世界を知れるのか、期待しています。

 

参考:http://eiga.com/news/20140331/12/

こちらの記事もどうぞ