あなたは「Cybathlon(サイバスロン)」という言葉を聞いたことがありますか?

「Cybathlon」はパワードスーツやロボットアームを装着した人や、ブレイン・コンピューター・インタフェースを操縦する人たちによるオリンピックのことを指します。
その「Cybathlon」が、2016年10月にスイスで開催されることになりました。

まずはこの動画をご覧ください!

なんとなく雰囲気は掴んでいただけたでしょうか?

このCybathlonの主催はスイス国立コンピテンスセンター・ロボティクス研究所(NCCR Robotics:Swiss National Competence Centre of Research in Robotics)です。

Cybathlonは「バイオニック・アスリート」と呼ばれる、いわゆるサイバー義体者たちのための選手権、つまり、ロボット技術などを用いた高度な補装具を装着する障害者スポーツ選手たちが競う選手権なのです!

さまざまなバイオニック・アスリートのために、多くの競技が用意されているようです。動力付き人工膝、着脱可能な人工腕、強化外骨格、電動車椅子、筋肉電気刺激装置、および最新型のブレイン・コンピューター・インタフェース(BCI)などなど。
ぱっと見、わからないものも多いですね。

こういうのを見ると、科学技術の進歩を感じます。
このようなロボット技術を用いた補装具を付けていたら、おそらくパラリンピックには出場できないんですかね?そうなると、このように様々な国の全てのスポーツ選手が争う機会が増えたことに喜びを感じます。

(WIREDのこの記事を参考としました)

こちらの記事もどうぞ