4月25日、日南市沖で漁をしていた同市南郷町中村乙の漁師山下善士さんは、自分が乗っていた一人乗り漁船「祥陽丸」から転落してしまった。その後山下さんは、なんと自力で2時間ほど泳いで岸にたどり着き、タクシーで自宅に帰った。ちなみに山下さんはこの時71歳。また、無人の船の方はというと自動操舵に設定されており、目井津港へ帰港していたそうだ。(こちらのサイトから一部引用)

20140426-222412.jpg
犠牲者が出なくて本当によかったですね。ただ、この漁師と漁船は特別な訓練を受けた漁師と漁船なので、一般の人は真似しないようにしましょう。(個人的に、どうやって方向とかを確認したのかが気になります)
ちなみに上の写真はコチラより見つけた日南市沖の写真。こんな感じの冷たい波の中、2時間泳いだんですかね…?最近、人の人間離れが多いような気がします。

アイキャッチ画像元:http://commons.m.wikimedia.org/wiki/File:漁船(兵庫県二見沖)1.JPG

こちらの記事もどうぞ