rever
韓国南西部の珍島付近で旅客船「セウォル号」が沈没した事故では行方不明者の捜索がいまだに続いています。遺族や不明者の家族が政府のやり方に不信感を持つ中、テレビ用に映像の演出があったと、韓国メディアが報じました。

2014年4月24日の韓国日報の記事によると22日、海軍海難救助隊の潜水士は、びしょぬれのウェットスーツ姿で放送局のカメラに囲まれながら行方不明者の捜索状況を説明した。ところが実はこの潜水士はこの日すでに捜索を終えて、10分前まで普段着に着替えて休息を取っているところだった。

記事には「テレビでこのインタビュー場面を見る視聴者たちはちょうど捜索を終えて船上にあがったと理解するだろう。しかし彼の髪の毛から落ちる水滴は、海水でなく真水だった」と書かれています。

放送局からは「臨場感が必要」という要求を受け、海軍関係者は潜水士にウェットスーツを着せて緊迫した現場を演出したとのこと。それでもまだ臨場感が足りないと、全身に水をかけたそうです。

韓国ネットでは…

「これらの行動は、全く情けない」「もしこれが事実であり、朴槿恵政府がこれを徹底的に調査して厳罰に処さない場合は、朴槿恵は大統領から退かなければならない」「大韓民国すべてを破壊してしまいたい。覇気もなく、真実もなく、義理もないし…基本的な良心もない」

と、大騒ぎになっている模様…。

り、臨場感…。それにしても、やらせはよくないですね。何より不謹慎のような気も…。
画像:http://www.civillink.net/
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140426-00000004-jct-soci

こちらの記事もどうぞ